母親の浮気と子供たちの感情

とある有名芸能人が話していた言葉に「自身の母親に女としての行動を垣間見ることに抵抗がある」というものがありました。たわいもない冗談の中での言葉ですので深い意味は存在しません。しかし、この言葉や感情は子供の目線から母親を見た場合に「母親にとってほしくない行動」と考えられるでしょう。

浮気問題を抱えるご家庭においても子供たちは同様の感情をもって母親をみていると考えられるのです。

この子供たちの感情は「母親が父親以外の異性にトキメキを感じる」ことに原因して「子供自身の存在意義が不安定」に感じてしまうことが原因と考えられます。両親の愛の結晶として自身を位置付けている子供たちが複雑な心境になることは当然なことなのです。

いつまでも健康で若く美しい母親が父親以外の男性に好意を持つ。既婚女性の浮気を子供目線で言葉にするならばこいうことになります。

現実に浮気をしている母親である女性が耳にしたら心が痛むことでしょう。

現代の離婚率から考えるならば「子供にこのような感情を抱かせてしまう母親が多数」存在していることは事実と言えます。そのような経験をした子供たちが親の年齢に成長し「親が選択した離婚がどのようなことか自身が大人になったことで本質を理解」します。浮気に関しても「子供たちが大人に成長しなければ理解できるものではない」と断言できるでしょうし、子供が浮気をどう受けとめるかはわかりません。浮気して離婚を経験した母親には一生理解できない「子供たちの感情」と言えるでしょう。

浮気が原因で両親が離婚したことで生活環境が一変する子供たち

両親が離婚したことで生活環境が一変する子供たちはいます。母親が親権を持ち「母親の実家で新な生活」をすることとなり、それまでの便利な都会生活から不便な田舎暮らしに変化する。両親の離婚により子供たちの生活環境が変化することは当然と言えます。離婚が全て悪いとは言いません。仕方ない事情が存在して離婚するご夫婦も数多くいらっしゃることも理解しています。ですから子供たちも全て親の責任で離婚し生活環境が変化したとは考えないでしょう。家族を取り巻く環境に影響を受けて離婚したケースでは「親の責任との考え」を持つお子さんはいらっしゃらないでしょうが、親の浮気が原因で離婚となれば話は違います。当然、お子さんたちは「浮気した親と普通に接することが困難」となるでしょう。また、離婚の責任が親にあると考える子供も存在するでしょう。このような感情で生活環境が変化したケースでなじめる子供は少ないでしょう。心に抱えるストレスは大きいと考えられますし、信頼できる人物もいないと思い込んでしまいがちになり「問題を抱える」ことも充分に考えられるのです。